用語集|用語集|Pepper 取扱説明書|Pepper 社会貢献プログラム2
  1. サポート情報
  2. Pepper 社会貢献プログラム 第二弾
  3. Pepper 取扱説明書
  4. 用語集
  5. 用語集

Pepper 取扱説明書

用語集

アクセサリーボックス あくせさりーぼっくす 配送用の箱の中の左上に収納されているボックスです。アクセサリーボックスの中には、充電器が入っています。
かんたんセットアップガイド かんたんせっとあっぷがいど 納品時にPepperと同梱されている資料です。
最新版はウェブサイトのかんたんセットアップガイド(⇒コチラ)を参照してください。
基本姿勢 きほんしせい Pepperが起動中の際のデフォルト姿勢であり、使用可能であることを意味します。
胸部ボタン きょうぶぼたん Pepperの胸部のディスプレイのすぐ下にあるボタンです。Pepperの電源を入れる/切る、通知情報を聞く、およびレスト状態にする/解除するのに使います。
緊急停止ボタン きんきゅうていしぼたん 緊急停止ボタンは、Pepperの首の後ろの柔らかいゴム製のカバーの下にある大きめのボタンです。ボタンを押すとPepperへの電気供給をすべて停止し、電源を即座に切ることができます。Pepperが危険な状態にあるとき、Pepperが周囲に損害を与えそうなときに利用します。
腰のピン(金属)/ひざのピン(プラスティック) こしのぴん(きんぞく)/ひざのぴん(ぷらすてぃっく) 腰用/ひざ用のピンです。取り付けると姿勢保持機能が解除され、Pepperが直立できなくなります。腰/ひざにそれぞれの専用挿入口があります。
ピンを使用するとき
姿勢 しせい Pepperの関節の配置状態を指します。主に2つの姿勢があります。基本姿勢とセーフレストの姿勢です(⇒コチラ)。
充電ランプ じゅうでんらんぷ 充電器本体にあるLEDランプです。
緑色の点灯:Pepperに接続していない時/満充電時
赤色の点灯:充電中
※満充電になっても、Pepperの電源が入っている場合(スリープ状態含む)は、充電ランプは緑色に点灯しません。
充電フラップ じゅうでんふらっぷ 充電スロットを保護しているパーツです。Pepperの脚部(⇒コチラ)にあります。
開いているとホイールが停止して、Pepperが充電中に不用意に移動することを防ぎます。
充電中以外でも、安全対策として開けておくことが可能です。
スリープ(状態) すりーぷじょうたい Pepperを利用しないときに、スリープ状態にすることで電池の消費を抑えられます。LEDランプ(肩)が紫色に点灯して頭部が倒れた状態となり、周りの環境に反応しなくなりますが、Autonomous Life(⇒コチラ)の機能が継続します(電源は切れていません)。
セーフレストの姿勢 せーふれすとのしせい 腰を後方に、上体を前方に倒して座らせたような姿勢です。Pepperを移動する必要があるとき、転倒したときなどはセーフレストの姿勢に整えてください。
※Pepperがレスト状態、およびスリープ状態のときは自動的にセーフレストの姿勢となります。
挿入口 そうにゅうぐち 腰および、ひざの左側にあるピンの挿入口です。
タッチセンサー たっちせんさー Pepperには複数のタッチセンサー(⇒コチラ)があり、その部分に触れることでPepperが反応します。
通知情報 つうちじょうほう Pepperは音声とLEDランプ表示で通知があることをお知らせします。通知情報の内容は一般情報、注意事項、警告を含みます。
ディスプレイ でぃすぷれい ディスプレイは胸部にあり、Pepperの一部となっています。Pepperの基本的な設定や、ネットワーク設定ができます。
設定方法の詳細は、NAOqi OS取扱説明書の「基本情報を設定する」(⇒コチラ)や、「ネットワークを設定する」(⇒コチラ)を参照してください。
長押し起動 ながおしきどう プログラムの書き込みの失敗が原因でエラーが出ている場合、長押し起動で改善する可能性があります。長押し起動では通常の起動とは異なり、機械(モジュール)を動かすためのプログラムの再書き込みを行っています。
長押し起動は胸部ボタンを5秒ほど押して行う起動です。 5秒長押しの起動は以下の手順です。
1.電源を切った状態で胸部ボタンを5秒長押し
2.LEDランプ(肩)が青く点灯したら胸ボタンから指を離す
3.LEDランプ(肩)が青く高速で点滅していることを確認
※通常起動と異なりますので、Pepperが起動するまで10分ほどお待ちください。
レスト状態 れすとじょうたい モーターが関節に一切の保持機能を働かせていない状態を指します。
A Autonomous Life おーとのますらいふ Autonomous LifeとはPepperが人間らしく行動している(呼吸など)とみせるための細かな言動の元となっている機能です。
L LEDランプ(肩) えるいーでぃーらんぷ(かた) Pepperは通知情報を利用してシステムやロボアプリについての情報を音声とLEDランプ表示でお知らせすることができます。 LEDランプ(肩)の色によって、通知内容の重要性を表示しています。 詳細は、LEDランプ(肩)(⇒コチラ)を確認してください。
L LEDランプ(目、耳) えるいーでぃーらんぷ(め、みみ) 目と耳LEDランプの色から、Pepperの状況を読み取ることができます。 詳細は「Pepperと会話をする」(⇒コチラ)を確認してください。
P Pepper IPアドレス ぺっぱー あいぴーあどれす PepperのIPアドレスです。起動後、胸部ボタンを1回押すと、音声でIPアドレスをお知らせします。
※Pepperがネットワークに接続している状態で確認してください。
※PepperのIPアドレスは固定することができません。サポート対象外となります。