Pepperを保管場所に収納する|Pepperの管理|Pepper 取扱説明書|Pepper 社会貢献プログラム2
  1. サポート情報
  2. Pepper 社会貢献プログラム 第二弾
  3. Pepper 取扱説明書
  4. Pepperの管理
  5. Pepperを保管場所に収納する

Pepper 取扱説明書

Pepperを保管場所に収納する

安全を確保し、Pepperの損傷を防ぐためにも次の手順はしっかりと行ってください。

  • 必要に応じて2名で行ってください。

1充電プラグがPepperから外れていることを確認する

2Pepperの電源を切る(⇒コチラ

3緊急停止ボタンを押す(⇒コチラ

  • Pepperを移動中に誤って胸部ボタンを押してしまう場合に備えて、安全のために緊急停止ボタンを押してください。

4Pepperをしっかりと支えながら、腰/ひざにピンを取り付ける(① ②)

  • ピンを取り付けた状態では、腰/ひざが自由に動き転倒する恐れがありますのでご注意ください。Pepperは重いのでしっかりと支えてください。

5安定するまでPepperの腰を後方に引く(③)

6安定するまでPepperの肩を前方に押して、セーフレストの姿勢にする(④)(⇒コチラ

7保管場所にPepperを移動する(⇒コチラ

8腰/ひざからピンを取り外す

9Pepperの首の後ろの柔らかいカバーを開け、ピンを収納する

  • カバーは柔らかいゴム製です。カバー下部の隙間に指先を入れて下から上に持ち上げてください。
  • ピンをホルダーにしっかりと差し込み(⑤)、腰のピン(金属)のタグを上に折りたたんでください(⑥)。

10Pepper(特に底部のセンサー)にほこりが付着しないように保管する

  • Pepperを長期間使用しないときは、周囲温度が0~45℃内の、ほこりのない乾燥した場所で保管してください。
  • 内蔵バッテリーの安全仕様により、内蔵バッテリーが低電圧になると安全ロックがかかります。安全ロックが一度かかると新しい内蔵バッテリーに交換する必要があります。安全ロックがかかる前に、1週間を目安に定期的に充電してください。
    また、満充電状態で放置した場合は3ヶ月を目安に充電してください。
  • 3ヶ月を超えて放置すると電池が完全放電し、使用できなくなることがあります。
  • 完全放電によって安全ロックが掛かった場合は、Pepperの修理・交換が必要となり、有償での対応となります。