図記号について|お願いとご注意|Pepper 取扱説明書|Pepper 社会貢献プログラム2
  1. サポート情報
  2. Pepper 社会貢献プログラム 第二弾
  3. Pepper 取扱説明書
  4. お願いとご注意
  5. 図記号について

Pepper 取扱説明書

図記号について

FDA:2007年6月24日付Laser Notice No.50に準ずる逸脱事項を例外とし、21 CFR 1040.10および1040.11に準拠しています。
図記号のラベルはPepperの首の後ろの柔らかいカバーの下、底部の下、ディスプレイ、および充電器に貼り付けられており、それぞれ貼付られている部位にのみ適応されます。

  • 「※」の認証マークはBody ID / Robot IDがAP990396~の機体にのみ適応されます。
日本の電気用品安全法(特定電気用品)に準拠しています。
中国 GB 60 950に準拠しています。 熱帯気候の地域では使わないでください。
欧州のCE指令/規則に準拠しています。
2014/53/EU(RED指令)
2011/65/EU(RoHS2 指令)
日本における特定無線設備を内蔵しています(TELEC及びJATE認証)。
WEEE指令に準拠しています。
-2002/96/EC
-2012/19/EU(※)
 
 
アメリカのANSI/UL規格およびカナダ国内規格に適合しています(NRTLTUV認証マーク)。
屋内使用のみ
リチウムイオンバッテリーはリサイクル可能です。
二重絶縁を使った感電保護クラスIEC 60 950(Class II)に準拠した装置です。
アメリカのFCCに準拠しています。
CEC(カリフォルニアエネルギー委員会)に準拠した充電器です。
日本のVCCIに準拠しています。
中国
GB 60 950に準拠しています。
標高2000m以上で使わないでください。
日本の電気用品安全法(特定電気用品)に準拠しています(バッテリー)。
CMIIT CMIIT
中国
SRRCワイヤレス規則に準拠しています。
台湾
BSMI 認証に準拠しています。
アメリカのANSI/UL規格およびカナダ国内規格に適合しています(NRTL Curtis Strauss認証マーク)。
中国
CCC制度に準拠しています。
カナダおよびアメリカ国内規格に適合しています。
台湾における特定無線設備を内蔵しています(NCC 認証)。
 
このデバイスはECで使用できます。
このデバイスは5150~5350MHzの周波数範囲では屋内のみの使用に制限されています。
分解しないでください。
ショートさせないでください。
水やその他液体に浸けないでください。
PepperはBluetooth®無線技術を搭載したロボットです。
 
BSI規格に適合しています(powercord)。
韓国の規格に適合しています。
オーストラリア(RCM)
電気安全、EMC(電磁両立性)、電磁エネルギー、電気通信の規格に適合しています。
シンガポールの安全規格に適合しています。
シンガポールの安全規格に適合しています。

ソフトバンクロボティクスTM、ソフトバンクロボティクスTMのロゴ、PepperTMはSoftbank Robotics Europe SAS (フランス)の登録商標または商標です。その他の記載している会社名、製品名、ロゴは各社の登録商標または商標 であり、ソフトバンクロボティクスとの提携・関連を示すものではありません。 PepperTM のデザインはソフトバンクロボティクスの所有物です。本書に記載されている内容(文書、画像など)の すべてはソフトバンクロボティクスの所有物です。 なお、本文中では”TM”は明記していません。