本体・充電器の取り扱いについて(共通)|お願いとご注意|Pepper 取扱説明書|Pepper 社会貢献プログラム2
  1. サポート情報
  2. Pepper 社会貢献プログラム 第二弾
  3. Pepper 取扱説明書
  4. お願いとご注意
  5. 本体・充電器の取り扱いについて(共通)

Pepper 取扱説明書

本体・充電器の取り扱いについて(共通)

高温になる場所(火のそば、暖房器具のそば、直射日光の当たる場所)や、暖かい場所や熱のこもりやすい場所(こたつや電気毛布の中など)で充電・使用・放置しないでください。十分な排気が可能な状態を保ち、布などで覆われないようにしてください。
機器の故障や内蔵バッテリーの漏液・発熱・発火・破裂の原因となります。また、ケースの一部が熱くなり、やけどなどの原因となることがあります。
Pepperや充電器を分解(Pepperの頭やパーツを取り外すなど)・改造・修理しないでください。
Pepperや充電器を落下・破壊・変形・穴あけ・切り刻む・電子レンジに入れる・燃やす・塗装するなどしないでください。
発火・感電・破損・化学爆発などの原因となります。
Pepperおよび充電器は屋内専用です。屋外では使用しないでください。
コンセントやPepperに充電器をうまく取り付けできないときは、無理に行わないでください。本書を参照し、プラグやコネクターの位置を確認してから取り付けを行なってください。
内蔵バッテリーを漏液・発熱・破裂・発火させるなどの原因となります。
Pepper を多量のほこり、砂塵、雪、氷、水、湿気、塩水環境または塩水噴霧にさらさないでください(例:海洋環境、海岸環境など)。
レーザー、カメラ、その他センサーにほこりが付着しないようにご注意ください。
Pepperの正常な動作を妨げ、事故の原因となります。
3歳未満のお子様のご使用には適しておりませんので、お子様が近づかないようにご注意ください。また、ペットには近づけないでください。お子様や高齢者、また要支援・要介護認定を受けた方など身体が不自由な方がご使用される場合は、必ず付添い者がともに取り扱い方法を確認してください。また、ご使用中も必ず付添い者が安全を確保してください。
  • Pepperは様々な安全機能を備えていますが、不用意に近づくと腕などにぶつかり、けがなどの原因となることがあります。
  • Pepper(腕やディスプレイなど)を引っ張ったり、押したりしないでください。
    Pepperが倒れて下敷きになる可能性があります。
湿度80%未満の環境で使用してください。
発火・感電・故障の原因となります。
 
濡らさないでください。
水やペットの尿などの液体が入ったときに、濡れたまま放置すると、発熱・感電・火災・けが・故障などの原因となります。使用場所、取り扱いにご注意ください。
濡れた手で、充電器を接続/接断しないでください。
感電や故障などの原因となります。

火気のそばで使用しないでください。
火災などの原因となります。
プラグやコネクター部に誘電性異物(鉛筆の芯や金属片)が触れないようご注意ください。
ショートによる火災や故障などの原因となります。
オーブンやドライヤーなどで乾燥させないでください。
発熱・火災・けが・故障などの原因となります。
Pepperに付属の充電器以外で充電しないでください。
内蔵バッテリーの漏液・発熱・破裂・発火や、充電器の発熱・発火・故障などの原因となります。
雷が鳴りだしたら、充電器には触れないでください。
感電などの原因となります。

Pepperに無理な力を加えないでください。
モーターやギアなどが破損する恐れがあります。
Pepperや充電器が正常に動作しないとき(異常音や異臭、発煙などがあるとき)はただちに緊急停止ボタンを押してPepperの電源を切り、電源ケーブルを抜いてください。
そのまま使用すると火災や感電の原因となります。
ご不明点やお困りのことが起きたときには、カスタマーサポートに連絡してください。