1. サポート情報
  2. Pepper for Biz 3.0
  3. Pepper for Biz 3.0取扱説明書
  4. Pepperにアプリ/お仕事の動作をさせる
  5. 条件分岐ボックス

Pepper for Biz 3.0取扱説明書

条件分岐ボックス

属性判定ボックス(⇒「属性判定ボックス」参照)で、Pepperの動作を分岐させるためのボックスです。
条件分岐ボックスを作成すると、条件分岐ボックスの前に属性判定ボックスが自動で作成されます。属性判定ボックスを設定した後に、条件分岐ボックスも設定してください。

条件分岐ボックス画面

番号 説明
属性判定ボックスで取得した情報による分岐条件を設定します。 分岐条件の属性を変更する場合は、属性判定ボックスの設定を変更してください(⇒「属性判定ボックス」参照)。
メモ機能を利用します(⇒「メモ画面の見かた」参照)。


 遷移設定画面の見かた(年齢の場合)

遷移設定画面(年齢の場合)

番号 説明
「属性判定ボックス」(⇒「属性判定ボックス」参照)を「年齢」に設定したときの分岐条件を設定します。
値を入力し、判定条件を一覧から選択します。
値は、お客様の条件によって下記の通りに入力してください。
  • 2~12歳の場合:7
  • 13~19歳の場合:16
  • 20~30歳の場合:25
  • 31~40歳の場合:35
  • 41~50歳の場合:45
  • 51~60歳の場合:55
  • 61~99歳の場合:65
  • Pepperがお客様を検知できていない場合:0
をクリックすると分岐条件を削除します。
分岐条件を追加します。
分岐条件が2つ以上の場合に が表示されます。

 分岐設定画面の見かた(性別の場合)

遷移設定画面(性別の場合)

番号 説明
「属性判定ボックス」(⇒「属性判定ボックス」参照)を「性別」に設定したときの分岐条件を設定します。
値を入力し、判定条件を一覧から選択します。
値は、お客様の条件によって下記の通りに入力してください。
  • 男性の場合:1
  • 女性の場合:2
  • Pepperがお客様を検知できていない場合:0
をクリックすると分岐条件を削除します。
分岐条件を追加します。
分岐条件が2つ以上の場合に が表示されます。


 遷移設定画面の見かた(来訪回数の場合)

遷移設定画面(来訪回数の場合)

番号 説明
「属性判定ボックス」(⇒「属性判定ボックス」参照)を「来訪回数」に設定したときの分岐条件を設定します。
値を入力し、判定条件を一覧から選択します。
値は、お客様の条件によって下記の通りに入力してください。
  • 初来訪の場合:1
  • 2回目の場合:2
  • 初回来店や、Pepperがお客様を検知できていない場合:0
をクリックすると分岐条件を削除します。
分岐条件を追加します。
分岐条件が2つ以上の場合に が表示されます。


 遷移設定画面の見かた(当日来訪状況の場合)

遷移設定画面(当日来訪状況の場合)

番号 説明
「属性判定ボックス」(⇒「属性判定ボックス」参照)を「当日来訪状況」に設定したときの分岐条件を設定します。
値を入力し、判定条件を一覧から選択します。
値は、お客様の条件によって下記の通りに入力してください。
  • 当日既に来訪済みの場合:1
  • 当日初来訪やPepperがお客様を検知できていない場合:0
をクリックすると分岐条件を削除します。
分岐条件を追加します。
分岐条件が2つ以上の場合に が表示されます。


 遷移設定画面の見かた(ニックネーム取得状態の場合)

遷移設定画面(ニックネーム取得状態の場合)

番号 説明
「属性判定ボックス」(⇒「属性判定ボックス」参照)を「ニックネーム取得状態」に設定したときの分岐条件を設定します。
値を入力し、判定条件を一覧から選択します。
値は、お客様の条件によって下記の通りに入力してください。
  • 既にニックネームを取得済みの場合:1
  • ニックネームをまだ取得していない場合:2
  • ニックネームを取得しておらず、かつ、お客様が取得を拒否している場合:3
  • Pepperがお客様を検知できていない場合:0
をクリックすると分岐条件を削除します。
分岐条件を追加します。
分岐条件が2つ以上の場合に が表示されます。


 遷移設定画面の見かた(顧客情報取得状態の場合)

遷移設定画面(顧客情報取得状態の場合)

番号 説明
「属性判定ボックス」(⇒「属性判定ボックス」参照)を「顧客情報取得状態」に設定したときの分岐条件を設定します。
値を入力し、判定条件を一覧から選択します。
値は、お客様の条件によって下記の通りに入力してください。
  • お客様を検知できている場合:1
  • Pepperがお客様を検知できていない場合:0
をクリックすると分岐条件を削除します。
分岐条件を追加します。
分岐条件が2つ以上の場合に が表示されます。


 メモ画面の見かた

メモ画面

番号 説明
メモを書けます。ボックスについてのメモなどを残しておくと便利です。