1. サポート情報
  2. Pepper for Biz 3.0
  3. Pepper for Biz 3.0取扱説明書
  4. お願いとご注意
  5. 充電器の取り扱いについて

Pepper for Biz 3.0取扱説明書

充電器の取り扱いについて

危険

お子様、高齢者、身体が不自由な方に充電器は適していません。お子様、高齢者の方がご使用する場合は、付添い者が取り扱い方法を教えてください。また、要支援および要介護認定を受けた人など、身体が不自由な方が使用する場合は、付添い者が取り扱い方法を教えてください。使用中においても指示通りに使用しているかご注意ください。
充電器を修理・分解しないでください。
充電器は防水ではありません。濡らさないように注意してください。風呂場や洗面所など湿気の多い場所や水のかかる可能性のある場所で使用しないでください。また、濡れた手で使用しないでください。

警告

充電器は熱くなることがあります。
充電中や充電直後の取り扱いに注意してください。
充電器をオーブンやドライヤーなどで乾燥させないでください。また、電子レンジやIHコンロなど調理器具に入れたり、載せたりしないでください。充電器が布などで覆われないようにしてください。また、十分な排気が可能な状態を保ち、熱源の近く、直射日光の当たる場所で使用・放置しないでください。
充電器は、周囲温度-5℃~+40℃の範囲で使用してください。
供給電圧が充電器に適しているか確認してください。
指定以外の電源・電圧で使用しないでください(AC 100V ~ 240V)。
充電器を長時間使用しない、またはお手入れする場合はコンセントから抜いてください。
延長コードや電源タップに接続する場合は、接続するすべての機器の合計消費電源が、延長コードおよび電源タップの容量を超えないことを確認してください。延長コードや電源タップを使用する場合、延長器具は1つに留めてください。
汚れやその他異物が充電器に付着しないようにしてください。ほこりの多い場所では使用しないでください。プラグにほこりがついた場合は、コンセントから必ず充電器を抜いて、乾いた布などで拭き取ってください。
破損した充電器は使用しないでください。
充電器はPepper専用です。付属の専用電源ケーブルのみを使用してください。
Pepperおよび充電器の発熱・発火・感電・故障などの原因となります。電源ケーブルを他の製品と使用しないでください。
充電器にはスイッチがありませんので、電源を切る場合は充電器をコンセントから抜いてください。
充電器が正常に動作しないとき(ケース下部から火花や発煙、異臭などがあるとき)はただちに充電器をコンセントから抜き、カスタマーサポートに連絡してください。
充電器を長時間使用しない場合は電源プラグをコンセントから抜いてください。
感電・火災・故障の原因となります。
雷が鳴りだしたら、充電器をコンセントから抜いてください。破損する恐れがあります。

注意

充電器の表面に長時間触れないでください。長時間皮膚が触れたままになっていると、低温やけどの原因となることがあります。
電源プラグがコンセントにつなぎやすい場所を確保してください。また、点灯確認のため、充電器の充電ランプが見える場所を確保してください。
接続/切断状態に関わらず、充電器を落としたり、踏んだり、物を載せたりしないでください。
電源プラグを抜くときは、必ずプラグ本体を持って抜いてください。
ケーブルが故障する恐れがあるため、ケーブルの上に物を載せないでください。また、踏まれる恐れのある場所で使用しないでください。ケーブルが傷んでいる場合は、すぐに使用を中止してください。