1. サポート情報
  2. Pepper for Biz 取扱説明書一覧
  3. Pepper for Biz 取扱説明書
  4. お仕事をさせる
  5. 呼び込みボックス

Pepper for Biz(法人向けモデル)

呼び込みボックス

人を呼び込むためのボックスです。必ずお仕事の最初に配置されています。

呼び込みボックス画面

番号 説明
セリフの設定を行います(⇒コチラ)。
ディスプレイの設定を行います(⇒コチラ)。
遷移条件の設定を行います(⇒コチラ)。
メモ機能を利用します(⇒コチラ)。

 セリフ設定画面の見かた

セリフ設定画面

番号 説明
人を検知したときに発話するセリフを設定するかどうかを設定します。
人検知設定を「する」にした場合、人を検知した時と検知していない時に発話するセリフを設定できます。
※顔を認識する距離の目安:Pepperから1.2m前後範囲内
※人を検知する距離の目安:Pepperから3m前後(人の可能性があると認識した時)
セリフの一覧が表示されます。をクリックすると編集できます。をクリックするとセリフを削除します。
テンプレートから選択して追加します(⇒コチラ)。
自由に入力して追加します(⇒コチラ)。
呼び込みをするときのセリフを話す間隔を設定します。

 テンプレートから選択して追加画面の見かた

テンプレートから選択して追加画面

番号 説明
セリフをカテゴリから選択します。絞り込んだらセリフを選択してください。
設定が完了したら「設定」をクリックし、設定内容を保存します。

 自由に入力して追加画面の見かた

自由に入力して追加画面

番号 説明
「キーワード登録」で登録したキーワードから選択します。
キーワードを登録します(⇒コチラ)。
言語を選択します。
指定された言語以外の文言が設定された場合は、該当部分は発話されません。
セリフを入力します。ここで入力したセリフをPepperが話します。
セリフはコピー / 貼り付けせず、手入力してください。
セリフのスピード、高さを設定します。
  • 標準的なスピード:5~8
    ※長文では、スピードが速すぎると機械的に聞こえることがあります。
  • 標準的な高さ:6~8
音声のプレビューを聞くことができます。
設定が完了したら「設定を反映」をクリックし、設定内容を保存します。
でセリフを話したときのモーションを設定します。をクリックするとモーションを削除します。
セリフを発した何秒後にモーションするかを設定します。
でセリフを話したときの効果音を設定します。をクリックすると効果音を削除します。
セリフを発した何秒後に効果音を鳴らすかを設定します。
音声のプレビューを聞くことができます。
設定が完了したら「設定」をクリックし、設定内容を保存します。

 ディスプレイ設定画面の見かた

ディスプレイ設定画面

番号 説明
プレビューが表示されます。プレビュー画面では、次の操作を行うことができます。
  • ボタンの「+」をクリックすると、メディアライブラリからボタンとして表示する画像や動画を設定できます(⇒コチラ)。
レイアウトを設定します。
  • 設定できる画像/動画は1つです。複数の動画を設定すると処理負荷が高くなり、表示されない場合があります。
  • ディスプレイ設定画面で動画を設定した場合は、次のような動作になります。
    ・呼びこみ:ループ再生
    ・トーク:一度だけ再生
    ・質問:ループ再生
    ・メニュー:ループ再生

 遷移条件設定画面の見かた

遷移条件設定画面

番号 説明
画面が遷移するタイミングの条件を設定します。

 メモ画面の見かた

メモ画面

番号 説明
メモを書けます。ボックスについてのメモなどを残しておくと便利です。