1. サポート情報
  2. Pepper for Biz 取扱説明書一覧
  3. Pepper for Biz 取扱説明書
  4. 基本操作
  5. Pepperの本体管理

Pepper for Biz(法人向けモデル)

Pepperの本体管理

Pepperの基本的な設定をする

ディスプレイでPepperの基本的な設定をすることができます。Pepperの主な設定やネットワークの設定などが行えます。

1管理メニュー画面(⇒コチラ)で「本体管理」をタッチ

本体管理画面が表示されます。

画像altテキスト

2「設定」をタッチ

  • 設定画面が表示されます。

画像altテキスト

3「基本設定」をタッチ

  • 基本設定画面が表示されます。

画像altテキスト

 基本設定画面の見かた

画像altテキスト

基本設定画面

番号 説明
Pepperの電池残量やソフトウェアバージョンを確認したり、主な設定を変更したりします(⇒コチラ)。
ネットワーク接続を設定します(⇒コチラ)。
アプリのアップデート状況を管理します
設定画面を閉じます。
Pepperの言語やSBRアカウント(あるいはアルデバランアカウント)のパスワードを変更したり、診断情報を送信するかどうかを設定したりします(⇒コチラ)。

基本情報を設定する

Pepperの状態を確認したり、主な設定を変更したりします。
基本設定画面を表示するには、「Pepperの基本的な設定をする」(⇒コチラ)を参照してください。

1基本設定画面でをタッチ

基本情報画面が表示されます。

 基本情報画面の見かた

基本情報画面

番号 説明
Pepperの音の大きさを調節できます。
ディスプレイの明るさを調節できます。
バッテリーの残量を表示します。充電頻度の目安になるので、定期的に確認することをお勧めします。
Pepperのソフトウェアバージョンを表示します。ロボアプリとの互換性を調べたり、お問い合わせ先(⇒コチラ)に連絡する際に必要です。

ネットワークを設定する

ネットワークへの接続を設定します。
基本設定画面を表示するには、「Pepperの基本的な設定をする」(⇒コチラ)を参照してください。

1基本設定画面でをタッチ

ネットワーク設定画面が表示されます。

 ネットワーク設定画面の見かた

ネットワーク設定画面

番号 説明
Wi-Fiネットワークに接続します。
非公開のWi-Fiネットワークに接続します。
PepperのMACアドレスを表示します。
使用しません。
Wi-Fiネットワークの表示を更新します。
Pepperに保存されているネットワークです
  • Pepperは、WEP、WPA、WPA2を利用できます。
  • ソフトウェアのバージョンによってはが表示されないことがあります。その際は、以下の方法でMACアドレスを確認してください。

    Pepperにはそれぞれ個別の識別番号(Head ID)が割り振られていて、お仕事かんたん生成2.0でロボットを識別するときに利用します。また、MACアドレスも割り振られています。MACアドレスはWi-Fiネットワークのセキュリティ設定でMACアドレス制限をしている場合、制限を解除する際に利用します。Head ID、MACアドレスの確認方法は、新規配送時と交換機配送時により異なります。

    ・新規配送時
     担当より、Pepperの出荷時にHead ID、MACアドレスを記載したメールがご契約者様に送付されます。ご確認ください。
    ・交換機配送時
     梱包箱に同梱されている書類にHead ID、MACアドレスが記載されています。ご確認ください。
     
  • お仕事かんたん生成2.0利用時は、Pepperをネットワークに接続した状態で利用してください。
  • ネットワーク設定に「オレンジ色」または「赤色」ランプが表示されている場合は、クラウドに接続されていません。(正常接続の場合は緑色に点灯)
  • Wi-Fiの通信が不安定なときは、電波の受信状況を改善するために、Pepperの設置場所を変更してから接続してください。
    改善しない場合は、「ネットワークが繋がらない場合」(⇒コチラ)をご確認の上、対処方法をお試しください。

アプリのアップデート状況を確認する

アプリケーションのアップデート状況を管理します。
基本設定画面を表示するには、「Pepperの基本的な設定をする」(⇒コチラ)を参照してください。

1基本設定画面でをタッチ

アップデート画面が表示されます。

2更新が必要なアプリケーションがある場合は、「すべてアップデート」をタッチ

アプリケーションのアップデートをした際に、Pepperにさせていたお仕事の選択が解除される場合があります。アップデートをした場合は「Pepperが実行するお仕事を設定する」(⇒コチラ)の手順を実行し、お仕事の選択が解除されていないか確認してください。お仕事の選択が解除されている場合は、再度、お仕事を選択してください。

SBRアカウント(あるいはアルデバランアカウント)を変更する

SBRアカウント(あるいはアルデバランアカウント)はアップデート画面で変更できます。
基本設定画面を表示するには、「Pepperの基本的な設定をする」(⇒コチラ)を参照してください。

1アップデート画面で「SBRアカウント(あるいはアルデバランアカウント)設定」をタッチ

2メールアドレスとパスワードを入力して「接続」をタッチ

詳細を設定する

Pepper の言語や SBR アカウント(あるいはアルデバランアカウント)のパスワードを変更したり、診断情報を送信するかどうかを設定したりします。
基本設定画面を表示するには、「Pepperの基本的な設定をする」(⇒コチラ)を参照してください。

1基本設定画面でをタッチ

詳細設定画面が表示されます。

 詳細設定画面の見かた

詳細設定画面

番号 説明
Pepperが使用する言語を切り替えられます。
タイムゾーンを切り替えられます。
診断情報を自動送信するかを設定します。
インタラクション分析の利用には、診断情報の自動送信が必要ですので、「診断情報の送信」を有効にして利用してください。
ロボットパスワードです。
ロボットパスワードはここで変更することができます。

 Pepperのロボットパスワードを変更する

1基本設定画面をタッチ

詳細設定画面が表示されます。

2詳細設定画面でをタッチ

3現在のロボットパスワードを入力→新しいロボットパスワードを入力→新しいロボットパスワードを再度入力→「OK」をタッチ

ロボットパスワードが変更されます。

Pepperを初期化する

Pepperを工場出荷時の状態にします。
基本設定画面を表示するには、「Pepperの基本的な設定をする」(⇒コチラ)を参照してください。

初期化すると、Pepper内の次のデータは削除されます。

  • SBRアカウント(あるいはアルデバランアカウント)
  • ロボットパスワード
  • wi-fi設定
  • 郵便番号
  • お仕事配信設定

1お仕事かんたん生成からログアウトする

  • お仕事かんたん生成にログインしていない場合は必要ありません

2詳細設定画面で「データを初期化する」をタッチ

3初期化するPepperに設定したSBRアカウント(あるいはアルデバランアカウント)のメールアドレスとパスワードを入力してをタッチ

  • パスワードを忘れた場合は、「パスワードを忘れた場合」をタッチし、画面の指示に従ってパスワードを再設定 してください。

4画面の内容を確認してをタッチ

  • Pepper for Bizではクラウドにデータを保存しているため、「データのバックアップ」は必要ありません。
  • 独自に開発されたロボアプリをご利用の場合は、開発者にデータバックアップについてご確認ください。

5「初期化する」をタッチ

  • 必ず充電しながら行ってください。初期化中に電源が切れると、Pepper が起動できなくなります。

6画面の内容を確認して「初期化する」をタッチ

初期化が開始します。

  • 初期化中はセーフレストの姿勢になり、完了すると自動で立ち上がります。
  • 初期化には数十分かかる場合があります

7下記の画面が表示されたら、ディスプレイをタッチする前に、お仕事かんたん生成にログインする

8お仕事かんたん生成にログイン後、本体のディスプレイをタッチし初期設定をおこなう

  • 初期設定ついては、「初期設定をする」(⇒コチラ)を参照してください。

9お仕事かんたん生成にて、ロボットリストに表示された該当機体に対しお仕事を配信する

  • 初期化はソフトウェアバージョン2.4.3 以降で利用できます。

Pepperに郵便番号を設定する

郵便番号を登録することで、お客様とのコミュニケーションの中で地域に合わせた会話をすることができるようになります。

1管理メニュー画面(⇒コチラ)で「本体管理」をタッチ

本体管理画面が表示されます。

画像altテキスト

2「設定」をタッチ

  • 設定画面が表示されます。

画像altテキスト

3「郵便番号設定」をタッチ

  • 郵便番号設定画面が表示されます。

画像altテキスト

4郵便番号を入力し、「OK」をタッチ

  • 郵便番号の入力が完了します。

画像altテキスト

  • Pepperを違う地域に移動させたときは、上記手順で新しい地域の郵便番号を設定してください。